スキンケア

シミはセルフケアで治るの?シミを治す方法4選

 

「この茶色いのってニキビ跡? それともシミ? これって自分で治せるの~?」

 

鏡を見るたびにそう悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

ズバリ、自分で治せるシミと、治せないシミがあります。

ここではシミの種類や原因、そしてシミ治す方法についてご紹介していきます。

 

 

シミの種類と原因

 

「シミってレーザー治療じゃないと治せないんじゃないの?」

 

そう思われている方も多いと思いますが、セルフケアでも治せるシミはあります。

シミにはいくつか種類があるので、今回は特にできやすい4つのシミについてご紹介します。

 

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

・肝斑(かんぱん)

・炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんでん)

・雀卵斑(じゃくらんはん)

 

まずは自分のシミがどれなのか、見極めてみましょう。

 

① 老人性色素斑

紫外線、老化が原因でできるシミ。30~40代、早い人は20代にできます。

左右非対称にはっきりした円形、表面がツルツルなのが特徴。

紫外線の当たりやすい頬や腕にできやすいです。はじめは薄い茶色でだんだん色が濃くなっていきます。

 

② 肝斑

ホルモンバランスの乱れが原因でできるシミ。30~40代、出産後などにできます。

茶色いもやもやとしたものが左右対称にできるのが特徴。

女性特有のシミで、頬骨にできます。

 

③炎症後色素沈着

ニキビや傷、やけどなど肌に炎症を起こしたことが原因でできるシミ。年齢に問わずできます。

炎症後くすんだ茶色のシミが残り、時間が経つと徐々に消えていきますが、紫外線を浴び続けたりすると残ることがあります。

 

④雀卵斑

いわゆる「そばかす」です。遺伝性によるもので、幼少期にできます。

茶色い粒状のものが頬骨や鼻に横一直線上にできます。

思春期頃がピークで、年を取ると段々薄くなっていきます。

 

 

治せるシミ?治せないシミ?

 

4種類のシミを紹介しましたが、このうちセルフケアで治せるシミと、セルフケアでは治せないシミがあります。

 

セルフケアで治せるシミ  → 老人性色素斑、肝斑、炎症後色素沈殿
セルフケアで治せないシミ → 雀卵斑

 

あなたのシミはどうでしたか?

 

シミをセルフケアで治す方法

 

シミをセルフケアで治す方法は4つあります。

 

・規則正しい生活をこころがける

・食生活を見直す

・紫外線対策

・美白有効成分の入った基礎化粧品を使う

 

大事なのはセルフケアを毎日コツコツ続けることです。

 

シミは治すまでに時間はかかりますし、毎日やっていても目に見える効果ははっきりとはありませんが、憎きシミを治すためにもがんばりましょう!

 

では早速、シミをセルフケアで治していく方法をご紹介していきます。

 

1.規則正しい生活をこころがける

シミを治すのにまず大切なのは、ターンオーバーを整えることです。

 

ターンオーバーとは、肌の生まれるサイクルのこと。
表皮の古い細胞が垢として剥がれ、新しい綺麗な細胞が内側から表皮に出てきます。これで、シミは段々薄くなっていきます。

 

一般的に28日で1サイクルだと言われていますが、加齢や紫外線、生活習慣の乱れで段々1サイクル当たりの日数は増えていきます。

これが長ければ長いほど、シミが薄くなるチャンスが減っていくわけです。

 

・睡眠不足

・間食が多い

・運動不足

・バランスの良い食事をとっていない

・お酒やたばこの摂取が多い

 

などなど、あてはまる点があったら正していきましょう。

 

「昨日は早く寝たからお肌の調子がいいな」

「深夜にお菓子食べちゃったからお肌荒れちゃった」

 

なんてことはありませんか?

シミ対策も同じです。
代謝が落ちるとターンオーバーも乱れるので、生活習慣を整えてみましょうね。
 

2.食生活を見直す

食事でシミを100%治す! ということはできませんが、シミを治す手助けをすることはできます。

 

食事でできる手助けは、ターンオーバーを促進する栄養素やメラニンの発生を抑制する栄養素を摂ること。
身体の内側からシミに負けない身体に作り替えていくことができます。

 

シミに効果的な栄養素や食材をご紹介します。

 

・ビタミンA

かぼちゃやニンジンなどの緑黄色野菜、鶏や豚のレバー等

 

・ビタミンB群

豚肉、大豆、卵、乳製品、まぐろ、かつおなど

 

・ビタミンC

いちごやみかんなどの果物類、ブロッコリー、レンコン、ほうれん草、白菜などの野菜類

 

・ビタミンE

ナッツ類、アボカド、赤ピーマン等

 

・亜鉛

ゴマや牡蠣、牛肉等

 

・セラミド

こんにゃくやブロッコリー等

 

一つだけたくさん摂るのではなく、複数種類の栄養素を摂るようにしましょう。

 

3.紫外線対策

紫外線はシミの一番の原因です。

 

「既にできてしまったから関係ない!」

 

と思うかもしれませんが、紫外線はできてしまったシミを悪化させることもあります。
また、いくら頑張ってシミを治しても、またできてしまっては悲しいですよね。

 

・日傘を刺す

・帽子を被る

・長袖を羽織る

・日焼け止めをつける

 

など、紫外線対策をしましょう。

 
日焼け止めの適量は顔に約0.8g、持続時間は2~3時間です。

 

クリームタイプはパール粒2個分、液状は1円硬貨2個分です。
思っているより多めの量なので、きちんと適量使うようにしましょうね。
朝塗ったらお昼も塗るようにしましょう。

 

紫外線は晴れた日だけでなく曇った日、暑い時期だけではなく寒い時期、そして家の中にいるときも紫外線を浴びています。
365日欠かさず対策をすることが大切です。

 

4.美白有効成分の入った基礎化粧品を使う

 

身体を内側からケアし、予防もしたら、今度は外側からケアしましょう。

 

毎日使っている化粧水や乳液、美容液を美白に特化している物に変えるといいですよ。

 
「美白化粧水つかってるけど効かない!」

 

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、効果が出るのはターンオーバーの周期、少なくとも1~3か月かかります。

 

「美白化粧水を使い始めた時は全然効果感じなかったけど、一本使い終わったら肌明るくなってた!」

 

なんてこともありますよ。
1~3か月は同じものを使ってみて、それでも全く効果が見えないな、と思ったら他の物を試すようにしてみてください。

 

大事なのは「美白有効成分」が入っていることです。
「美白有効成分」についてご紹介します。

 

トラネキサム酸

メラニンの発生を抑制する(シミができるのを予防する)。
肝斑に効果的。

 

アルブチン

黒色のメラニン生成を抑える(シミができるのを予防する)。

 

ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑制(シミができるのを予防する)してメラニンを還元(今あるシミを薄くする)し、メラニンの排出(今あるシミを消す)を促す。

 

ハイドロキノン

シミの漂白剤と呼ばれる。

メラニンの生成を抑制(シミができるのを予防する)してメラニンを還元(今あるシミを薄くする)。

 

そこでおすすめなのがハイドロキノンが配合されているアンプルールです。

 

ハイドロキノンは扱いが難しく、医者の処方が必要など、簡単に使用できる成分ではありませんでした。

 

しかし、日本で初めてハイドロキノンを化粧品に安定配合させたのがアンプルールです。

 

アンプルールはSTEP4+αでシミのない美白肌に導いてくれます。

STEP1 スポット集中美容液

STEP2 化粧水

STEP3 美容液

STEP4 美容乳液ゲル

+α   薬用美肌クリーム

 

薬用美肌クリームにはハイドロキノンだけでなく、ビタミンC誘導体も配合されていますよ。

 

今ならなんと、STEP4+αが試せる「ラグジュアリーホワイト トライアルキット」が通常7,350円相当のところ、税込1,500円です。

しかも30日間返金保証付き。

 

気になる方は、ぜひこの機会にアンプルールを試してくださいね。

 

アンプルール公式サイトはこちら

 

 

まとめ

 

老人性色素斑、肝斑、延焼後色素沈殿は、セルフケアで治すことができます。
生活習慣や食生活を見直し、紫外線対策をして、美白有効成分の入った化粧品を使いましょう。

 

ただし、即効性はないので、長い目で毎日コツコツとやっていくことが大切です。

 
即効性を求める場合やセルフケアは効かないシミだった場合は、医療レーザー等で消す方法もあります。

 

シミを治すのは簡単にできることではありませんが、コツコツ頑張ればどんどん薄くなっていくので、がんばってシミを治しましょう!

-スキンケア

Copyright© 幸せに生きるためのスピリチュアル | 美容 | 占い | 世界 | 恋愛 | 大天地 神姫のブログ , 2021 All Rights Reserved.