スキンケア

肌荒れにメイクはNG?体からのSOSを見逃すな!

しつこい肌荒れに悩む女性は多いです。

なかなか治らない肌荒れに加え、さらに女性たちの頭を悩ませているのが、

肌荒れ中のメイクです。

ただでさえ肌荒れで困っているのに、メイクを厚塗りして隠そうとするとさらに悪化してしまいます。

でもだからといって隠さない訳にはいきません。

では、肌荒れから分かる体の不調、肌荒れ中のメイクはいかがなものか、

肌荒れを改善するポイントについて解説していきます!

 

肌荒れで分かる体からのSOS

1

肌には老廃物の排泄機能があり、肌荒れしている時は状態や場所によって原因が分かると言われています。

では、肌荒れの主な種類として、ニキビと乾燥について解説していきます。

ニキビ

例えばニキビは、出来た場所によって体の不調が分かります。

2

ニキビができる場所と意味 同じ所に再発するのはナゼ?

ニキビの状態にも種類があります。

・白ニキビ

・黒ニキビ

・赤ニキビ

・黄ニキビ

まず、白ニキビは、炎症を起こしておらず白いものがポツンと出来ている状態です。

次に黒ニキビは、毛穴につまった皮脂が酸化し、黒くなっている状態です。

白ニキビと黒ニキビは炎症を起こしていないので、つい指で押したりピンセットで皮脂を取り除きたくなってしまいますが、

つぶしてしまうと炎症を起こし、深いニキビの場合は傷になって跡が残ってしまうこともあります。

赤ニキビは、雑菌によって炎症を起こしている状態です。赤く腫れて、かゆみが出ることもあります。

黄ニキビは、赤ニキビの先端が膿んでしまい黄色く見える状態です。

柔らかくなっているので少しこすれただけでも潰れやすくなっています。

しかし毛穴にいる雑菌たちの活動はさらに盛んになっていて、

潰れた時に出た分泌物が肌に付くとさらに他の場所にまで飛び火してしまいます。

皮膚科では、専用の器具で膿を取ってから薬を塗るなどの処置を行ってくれるので、

赤ニキビ以降は市販品に頼り過ぎず病院に行くことをオススメします。

乾燥

肌の水分が不足している状態です。

肌に触れるとカサカサしたり、粉が吹いていたり、ひどい状態になるとかゆみやピリピリ感を感じるようになります。

肌の乾燥は、肌のバリア機能が低下しているために起こります。

バリア機能が低下してしまう主な理由は以下の通りです。

・新陳代謝が正常に行われていない

・栄養不足

・化粧品が合っていない

・外部刺激によるアレルギー

・ストレス

・紫外線

・加齢

ちなみに乾燥は、ニキビの原因にもなります。

肌荒れで厄介なのは、原因の特定が難しいことです。

一口に栄養不足とは言っても、どの栄養分が不足しているのか。

新陳代謝が正常に行われていない原因は何なのか。

化粧品のどの成分が合っていないのか。

しかも原因が一つでないことが多いので、

「エステに通ってるのに全然改善されない」

「高い化粧品を買ったけど合わなくて肌荒れしてしまった」

など、いくら努力してもなかなか治らないことが多いのです。

 

肌荒れはメイクで隠したい!でも…

3

肌荒れしている状態は、本当に辛いですよね。

出来ればメイクで隠したいですが、厚塗りメイクは肌に負担をかけ、さらに肌荒れを悪化させてしまいます。

でも、メイクなしでは紫外線や空気中のチリやホコリによる外的刺激に肌を晒してしまうことになります。

紫外線は部屋の中にも入って来るので、何もしないという方法は避けるべきです。

ではどうしたら良いのか?

結論から言えば、メイクはするべきです。

では、肌荒れ中のメイクで気を付けるべきこと4つを以下にまとめます。

(1)スキンケアで保湿を念入りに行う

乾燥を防ぐためには、保湿が必要不可欠です。

ニキビ肌の方は、毛穴が詰まりそうなのであまり油分の多いクリームなどは塗りたくないと思うこともあると思います。

しかし、乾燥が原因のニキビは、保湿をしっかりしなければどんどん悪化してしまうので、

化粧水だけでなくせめて乳液は塗りましょう。

また、化粧水はケチらずにバシャバシャ使うのも大切です。

外出や仕事中に肌がつっぱるような感覚を感じたら、こまめに乳液を薄く塗る、化粧水をスプレーすると良いですよ。

(2)化粧品は高いものよりも、肌に優しいものを選ぶこと

化粧品は高ければ良い訳ではありません。

化粧品で肌荒れしてしまう方は、香料や防腐剤、強すぎる有効成分などに肌が過敏に反応してしまっている場合があります。

出来れば肌に優しく、自分に合った化粧品を選ぶようにしましょう。

(3)ファンデーション用のパフやスポンジはしっかり洗うこと

スポンジやパフ、筆などは雑菌の温床です。

スポンジやパフは使い捨てのものを使用する、替えを何個か用意して、使うたびこまめに洗いましょう。

中性洗剤でしっかり揉み込み、洗剤が残らないように水で流して乾かします。

筆も2本ぐらい用意しておくと、常に清潔な状態でメイクが出来ます。

(4)厚塗りはNG

肌荒れを隠したいからと厚塗りメイクしてしまうと毛穴を詰まらせ、

クレンジングで落ち切らないなど、肌にさらなる負担をかけてしまいます。

肌荒れ中のメイクは、念入りなクレンジングをしなくても落とせるくらいを心がけます。

使うコスメは石けんで落ちるような肌に優しいものを選び、肌荒れにはコントロールカラー、コンシーラーを使います。

・ニキビ、赤み→グリーン

・シミやそばかす→イエロー

コントロールカラーは、色を補正することで肌荒れを目立たなくしてくれます。

コンシーラーは薬用のものもありますので、ニキビで赤くなってしまっている部分に塗れば、

肌色で隠しつつニキビを改善させてくれます。

両者とも塗り過ぎず、少量を伸ばして使いましょう。

 

肌荒れを改善するための生活習慣

4

肌荒れは隠すよりも、やはり治したいですよね。

肌荒れを改善するために心がけたいこと6つについて解説していきます。

(1)睡眠

睡眠は本当に大切です。

夜のスマホいじりは夜の2時間前にはやめておくのが理想です。

睡眠不足はストレスの原因にもなりますし、睡眠中に肌が修復されていくので、

どんなに忙しくても、しっかり寝るように心がけることが大切です。

(2)栄養をしっかり補給

肌荒れに良いビタミンやミネラルは積極的に摂りましょう。

もちろん食事管理が出来れば良いですが、現在はサプリもたくさんの種類が販売されています。

どうしても自炊が難しいなら、自分に合ったサプリで栄養補給する方法もあります。

(3)運動、ストレッチをする

ストレスや運動不足などでリンパの流れが悪くなると、体内に老廃物がたまり肌荒れの原因になってしまいます。

適度な運動をする機会があるなら、プロテイン(タンパク質)を飲むと良いですよ!

タンパク質は髪や肌を作る大切な栄養素ですから、女性にもオススメです。

(4)紫外線対策

紫外線は肌荒れだけでなく老化も促すので、外出する用事が無くても日焼け止めを塗ってしっかり対策しましょう。

UVケアが出来るパウダーを使うだけでも良いですね。

(5)タオルで顔を拭かない

タオルはふわふわで新しいものを使う分には良いのですが、使用済みのタオルを使うのはやめておいた方が良いです。

オススメなのは、ティッシュを乗せて軽く水分を取る方法です。

使用済みのタオルには雑菌が付いていますし、摩擦も肌の負担になります。

(6)こすり洗いをやめる

先程も書きましたが、摩擦は肌の負担になります。

メイクを落としたいからとこすってしまわないように注意です。

洗顔料をしっかり泡立てて、押すように洗うと肌に負担をかけずに済みます。

メイクを厚塗りしていなければこすらなくても十分落とせますから、心配しなくても大丈夫です。

 

まとめ

5

それでは、今までの内容を以下にまとめます。

肌荒れは、体からのSOS

肌荒れの原因は一つではない場合が多く、特定が難しいためなかなか治らないことも

肌荒れ中のメイクは必要、でも負担にならない工夫が大切

肌荒れは生活習慣も見直して治していく

肌荒れは本当に辛いです。頑張ってもなかなか治らず、治らないストレスからさらに悪化してしまいます。

まずは生活習慣を見直すこと、自分に合う化粧品を見つけることが大切です。

では最後に、私も使用している化粧品「アンプルール」をご紹介します。

6

「アンプルール」は、美肌に良いと言われている成分「ハイドロキノン」を配合していますが、

副作用が懸念されており2001年までは医師の処方が無ければ扱えませんでした。

「アンプルール」は肌への刺激を抑えた状態でのハイドロキノン配合を実現し、

有名女性誌で行われたランキングで1位を獲得するなど人気も申し分ありません。

現在、約1か月分のミニサンプルを初回限定トライアルキットとして販売しており、1,500円(税込)でお試しすることが出来ます。

自分に合った化粧品を見つけるまで普通サイズを買い続けるのも限界がありますし、

なかなか数回分のサンプルでは合うかどうか分かりづらいのが本音です。

トライアルキットは1か月分をお手ごろ価格でお試し出来ますし、

もしも肌に合わなければ30日間返金保証も付いています。

今現在肌に合う化粧品を見つけられていない化粧品難民の方、

よろしければ是非「アンプルール」のHPを覗いてみてくださいね!

☛「アンプルール」の公式サイトはこちら

-スキンケア

Copyright© 幸せに生きるためのスピリチュアル | 美容 | 占い | 世界 | 恋愛 | 大天地 神姫のブログ , 2021 All Rights Reserved.