マインドセット 自己啓発

依存症をカウンセリングで乗り越えることができるか

今私たちが生きている社会は急速な発展をとげ、さまざまな娯楽の世界があふれています。

社会は発展していくにつれて実に多くのストレスが私たちを取り囲む世の中となってしまっています。

確かに、多種多様な娯楽がたくさんあって、充実した余暇時間や人生の時間を過ごすことができていて、みんながみんな全く同じというわけではなく個性が生かされる社会に発展したということは幸せなことと言えるかもしれません。

ですが、本来の目的から少しずれてしまうとどうなるでしょうか。

それは想像に難くないのではないでしょうか。

私たちはストレスに押しつぶされいつか収拾がつかなくなり、娯楽という名の依存症にどっぷりつかって出られなくなってしまいます。

それは、アルコールであったり、賭け事だったり人によってはまってしまう依存症の分野は違ってくるでしょう。

ひとたび、私たちが娯楽という名の依存症にはまり始めるとそれに歯止めをつけらなくなったりしまうのです。

近くに親身になって手を差し伸べてくれる助けてくれる人がいるならば、もしかしたらそこまで深刻な依存症に陥ることがないかもしれないですが現実は厳しいものです。

誰もが一歩間違えれば依存症

自分には依存症なんてなにも関係ない、なることなんてないと思い込んでいる人、考えたこともない人が多いのではないでしょうか?

特別な社会状況に生きていて、そして精神的にもどこか打たれ弱い人が依存症になるのだと思うかもしれないですが、普通に生きていても一歩間違うと誰でも依存症になるのだと知ってください。

依存症に陥ってしまうその原因はほんのささいなことだったりするんです。

例えば、普通に生活している奥さんのアルコール依存症についてもある意味、依存症なのです。

いつも優しくて朗らかな奥さんでも近所の公園や道などで他の家の奥さんから、ちょっとしたいざこざがあったとしてもお酒を大量に飲んでしまい、あれよあれよと依存症になってしまう危険性だってあるんです。

他にも一般的な真面目な旦那さんが何の気なしに始めた競艇が楽しすぎて、理性をなくしてしまい、自分の貯金を切り崩してしまって依存してしまい、いつの間にか借金まみれなんて怖いことまでありうるのです。

カウンセリングが目指すコミュニケーションとは

ひとたび依存症に陥ってしまった人たちは実にささいな原因で依存症になってしまう人がほとんどです。

依存症を改善する方法のひとつとして、信頼のおける人とたくさんコミュニケーションをとることで良い方向に変わっていけることがあります。

コミュニケーションをとることはなにも会話のプロフェッショナルである必要はなく、信頼できてしっかりと話しを聞いてくれて受け止めてくれる人であればいいのです。

ですから、カウンセリングでわかる改善効果は、ほんの少しの会話から対人関係を作ることであると言えるでしょう。

カウンセリングにより、閉ざされた心をオープンにして、オープンハートにして、本来あるべき方向へと精神を整え、心と解き放つことができます。

だから、カウンセリングは実は気軽に受けることができるんだと捉えると抵抗を感じる人も少なくなると言えるでしょう。

カウンセリングを受けて依存症を乗り越えた

カウンセリングによって依存症に悩んでいる人たちにどのように改善効果が期待できるのでしょうか。

カウンセリングによって、そこまで依存してしまっている自分の現状と過去を顧みること、自分の現状の把握、普通に社会に適応している周りの人たちと依存症の自分との比較、自分の現在の心理状態などについて理解を深めるために一歩一歩コミュニケーションを図っていくことが依存症を乗り越えるために大切になってきます。

ですから、コーチングのスキルもカウンセリングと掛け合わせる技術も依存症になった人の本当の姿を明らかにして、自分の力で生きたい本当の人生を歩めるようにお手伝いをしてあげる必要があります。

コーチングやカウンセリングといった技術のある熟練されたカウンセラーとのコミュニケーションを図ることにより、依存症の方々に寄り添い、手を差し伸べることにより、そこまで依存してしまった誰にも打ち明けられなかった原因を探り出し、理解を示すことで、そこから変わっていける力を感じさせることができるのです。

⇒相談するならこちらがおすすめ

 

 

-マインドセット, 自己啓発

Copyright© 幸せに生きるためのスピリチュアル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.