スキンケア

妊娠中のシミにアンプルールは大丈夫?

 

この記事をご覧になっているということは、現在妊娠中で、可愛いわが子に会える楽しみがある中、毎日鏡を見ては、自分の顔にできたシミが気になり、「どうしたらこのシミを消せるんだろう」と悩んでいるのではないでしょうか。

 

ここでは、現在悩んでいるシミ対策ができ、なおかつ妊娠中でも安全に使用できる化粧品をご紹介したいと思います。

 

化粧品をご紹介する前に、今回は下記の4点について先にご説明します。

・妊娠中の肌荒れはなぜ起こるのか

・妊娠中のシミ対策について

・ハイドロキノンとは

・ハイドロキノンの副作用は

 

妊娠中の肌荒れはなぜ起こるのか

 

ここでは、妊娠中の肌荒れに影響を与える、二つのホルモンについて説明します。

 

また、この二つのホルモンがどのように作用するのか、‘’‘’と‘’妊娠‘’に分けて、お伝えします。

 

二つのホルモンとは、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンです。

どちらも代表的な女性ホルモンですね。

 

まずは、二つのホルモンが、肌に対してどのように作用するのか説明します。

 

肌に対するホルモンの作用

エストロゲンには、肌をきれいにする働きがあり、エストロゲンが増加すると、肌もきれいになります。

しかし、厄介なこととして、メラニン色素を生成し、色素沈着を促す働きがあります。

つまり、女性の肌悩みで最も多いシミが作られるのです。

次に、プロゲステロンは、皮脂分泌が多くなり、皮脂分泌が増えると、ニキビができやすくなります。

これも、女性の肌悩みで多く挙げられるものです。

 

次に、二つのホルモンが妊娠中にどのように作用するのか説明します。

 

妊娠中に対するホルモンの作用

まず、妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンが、出産するまで共に上昇していきます。

エストロゲンは、子宮の発達、出産後に赤ちゃんに飲ませる母乳を作るための乳房の発達に関わります。

先ほど、エストロゲンが増えると、マイナス作用として色素沈着を促すとお伝えしました。
妊娠すると、顔のシミができるだけではなく、乳輪や腹部にできる妊娠線も、エストロゲン上昇による色素沈着によるものです。

プロゲステロンは、お腹の中にいる赤ちゃんのベッドをふかふかにするために、子宮内膜を柔らかくします。

また、赤ちゃんがお腹の中で成長するために、子宮の筋収縮の抑制にも関わっています。

流産の予防にも関わるホルモンです。

 

結論として、妊娠を維持するために、とても大切な二つの女性ホルモンがあります。

しかし、ホルモン値が上昇することで、女性の悩みであるシミやニキビなどの肌トラブルを引き起こしていることがわかりましたね。

 

次は、妊娠中にできてしまったシミについて何か対策がないのか、説明します。

 

妊娠中のシミ対策について

 

あなたは、シミ対策として何かしていますか。

 

例えば

・紫外線防止のために、こまめに日焼け止めを塗る。

・日傘、日よけ帽子に、日よけのアームカバーを身につける。

・ビタミンCが含まれる野菜や果物を積極的にとる。
 ビタミンCは、抗酸化作用により、色素沈着を防ぐと言われています。

・サプリメントを飲む

などでしょうか。

Perfection. Profile portrait of young attractive woman touching her face and looking in small mirror while standing against grey background. Skin care. Beauty concept

でも、どんなに頑張っても、一度できてしまったシミがなかなか消えることは難しいものです。

 

妊娠中にシミが濃くなり、悩みを抱えていても、つわりなどで、なかなかスキンケアができない。

 

出産後も、慌ただしい一日の中で、自分の肌に手が回らないなんてことも多いはずです。

 

子供が少し大きくなり、子供と公園に行きたい。
でも、日々の家事や育児で、やはり、自分の肌にかまう時間もなく、紫外線対策を怠ってしまうなんてこともありますよね。

 

そんな時にふと鏡で自分の顔を見ると、シミが増えているんです。

ガーンと落ち込んでしまいますよね。

 

そこで、最近注目されている、美白効果の高いハイドロキノンというものをご存じですか。

 

ここで、ようやく、ハイドロキノンについて説明させてください。

 

ハイドロキノンとは

 

ハイドロキノンとは、イチゴやコーヒーなど天然に存在する成分と言われています。

 

そして、シミの原因となるメラニン色素の働きを抑制することで、一度できてしまったシミの改善と、シミの予防に関わる成分です。

 

‘’お肌の漂白剤‘’と言われるほど、美白効果の高いものです。

 

それほどまでに肌に影響を与えるということは、反対に副作用が気になりませんか。

 

次に、ハイドロキノンの副作用について説明します。

 

ハイドロキノンの副作用は

 

ハイドロキノンは、動物実験により発がん性があるという報告もあります。
そのため、国によっては使用が禁止されているところもあります。

 

しかし、ハイドロキノンの配合量により安全性も証明されています。

 

日本では、2002年に2%までは厚生労働省で認可されており、市販の化粧品にハイドロキノンが配合され販売されているものもあります。
それ以上の4%程度になると、病院で、医師の処方が必要となります。

 

しかし、肌の耐性は人さまざまで、人によりかぶれや赤み、かゆみが出現することもあります。

また、ハイドロキノンを使用する際は、肌への刺激を最小限にとどめるためにも、日焼け止めをしっかりと塗り紫外線対策をするように勧められています。

 

ハイドロキノンは、美白効果があり、一度できたシミやシミ予防に効くことがわかりました。

 

妊娠・出産・育児中にできてしまったシミに対して、少し希望が持てたのではないでしょうか。

 

そこで、病院で医師の診察がなくても使える、化粧品をお勧めします。

 

アンプルール、新安定型ハイドロキノン配合化粧品

 

あなたは、アンプルールという化粧品をご存じですか。

 

先ほどまで説明していたハイドロキノンをさらに進化させた、‘’新安定型ハイドロキノン‘’を配合した化粧品です。

 

ハイドロキノンと違い、肌への刺激が少ないが、しっかりと肌の奥まで浸透する。

 

また、化粧品の問題点に挙げられる、酸化しにくいものとなっています。

 

そのため、安心して美白対策ができます。

 

しかし、本当に、妊娠中や授乳中に赤ちゃんに影響がないのか疑問に感じるかもしれません。

 

妊娠中や出産後の育児で母乳をあげているけど、ハイドロキノンは大丈夫なのか。

 

アンプルールに確認したところ、全商品妊娠中や授乳中の使用は問題ないということ。

 

しかし、妊娠中や授乳中はホルモンバランスの変化などにより、肌のコンディションが不安定になりやすく、普段使用している化粧品でも肌に合わなくなる人もいるため、使用前に上腕の内側などでパッチテストを行うとよいとのことです。

 

最後に

 

Portrait of happy mother and baby

 

お腹に可愛いわが子を授かりながらも、毎日鏡を見ては、自分の顔にあるシミに悩んでいるあなたへ。

 

もう、シミに悩むことはありません。

 

赤ちゃんへの副作用なく、安全に使用できます。

できてしまったシミ対策、これからでてくる可能性のあるシミ対策ができるアンプルール、新安定型ハイドロキノン化粧品を知り、悩みが解消されるのではないでしょうか。

 

初回限定お試し価格で、30日間返金保証もついています。

 

低価格であなたの肌に合うかどうか、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

↓アンプルール、新安定型ハイドロキノン化粧品についてはこちらになります。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2C2JK2+19UECY+1G7Q+6MROI

-スキンケア

Copyright© 幸せに生きるためのスピリチュアル | 美容 | 占い | 世界 | 恋愛 | 大天地 神姫のブログ , 2021 All Rights Reserved.