スキンケア

肝斑にアンプルールを試してみては?

 

この記事をご覧になっているということは、もしかしたら‘’肝斑‘’というキーワードを調べ、何か肝斑に対する改善策がないのか、悩んでいるのではないでしょうか。

 

鏡をふと見ると、今までなかったシミが見つかった。

ぼやーんと左右対称に広がったシミ。

「これは、なんだろう」と気になり、調べてみると、もしかしたら肝斑かもしれない。

「肝斑って何」「治るの」と気になりますよね。

 

ここでは、

・肝斑とは

・肝斑の原因

・肝斑の治療法

・自宅でできる肝斑を薄くする方法

について記載したいと思います。

 

肝斑とは

 

肝斑とは、ということで、はじめに肝斑についてお伝えします。

まず、‘’かんぱん‘’と呼びます。

 

これは、シミの種類の一つです。

シミには、老人性色素斑と呼ばれる日光性黒子、そばかす、そして肝斑があります。

それぞれについて説明していきます。

老人性色素斑

老人性色素斑は、シミの中で一番多いと言われているもので、紫外線が原因と言われる褐色のシミです。

日に焼けた後にすぐにシミになるわけではありません。

長い年数をかけて紫外線にあたり、メラニンが作られ、シミになります。

30代以降から徐々に気になるようになります。
また、シミの境界線がはっきりとしています。

そばかす

次にそばかすとは、数ミリ以下の小さなシミのことを言います。
色は薄茶色で、細かい斑点が頬や鼻周りに多く出ます。幼児期から出現し、思春期に目立つようになります。

肝斑

最後に肝斑とは、両頬、顎、鼻の下にできる薄い茶色の色素斑で、ほぼ左右対称、大きさ・形が同じ状態で現れるのが特徴です。老人性色素斑と違い、境界線がぼんやりとしています。

30~40歳代に突然シミが出現し、妊娠出産を機に目立つようになります。60代には、自然と消えていきます。

しかし、治りにくいシミの一つと言われています。

 

肝斑の原因は

 

 

次に肝斑ができる原因について説明します。

 

紫外線により、メラニン生成が起こり、肝斑が濃くなることもありますが、肝斑ができる原因は、妊娠や傾向避妊薬の使用がきっかけとなり、女性ホルモンの崩れが関係していると言われています。

閉経後に徐々に薄くなります。

 

また、ストレスを感じることでホルモンバランスが崩れ、肝斑ができやすくなるとも言われています。

 

その他に、皮膚刺激が強くなるような、フェイスマッサージを行うことが多い人も肝斑ができやすいです。

女性は、毎日の化粧が欠かせません。

化粧をしたら、化粧を落とすためにクレンジング、洗顔をしなければなりません。

‘’なるべく肌に触れるないようにしましょう‘’と言っても、どうしても肌に触れる回数は減らせず、皮膚刺激となってしまいます。

また、肝斑が気になり、化粧を濃くすると、メイク落としもしっかりとやらないといけなく、悪循環ですよね。

また、マスクが必需品となっている現在。

マスクでの摩擦も皮膚刺激となっているのです。

 

肝斑の治療法について

 

一度できてしまった肝斑は治すことができるのか。

 

ここでは、肝斑の治療法として

トラネキサム酸の内服

レーザー治療

トレチノインとハイドロキノン

の3つについてご説明します。

 

トラネキサム酸の内服

 

肝斑は、治しにくいシミの一つと言われています。

しかし、肝斑の治療法として、トラネキサム酸の内服が代表的です。

トラネキサム酸とは、人工的に作られたアミノ酸の一種です。
人工的に作られたものなので、身体に害がないのか心配になるかもしれません。
しかし、毎日使う歯磨き粉や口内炎治療薬にも含まれているもので心配はありません。

 

また、ホルモンバランスの崩れにより肝斑ができると、お伝えしました。
しかし、トラネキサム酸は女性ホルモンに作用するようなものではありません。

美白に導くために、メラニン生成を抑えて肝斑を薄くする作用として働きます。

 

レーザー治療

 

その他の治療法として、レーザー治療があります。

レーザー治療は老人性色素斑に効果的ですが、逆に刺激が強すぎて、肝斑が悪化するとも言われています。

そのため、積極的なレーザー治療は行っていませんでしたが、最近は肝斑に負荷がかかりすぎないように低出力のものもあり、治療の選択肢は広がっています。

 

トレチノインとハイドロキノン

 

もう一つ、トレチノインやハイドロキノンを使用した治療法があります。

トレチノインは、約50~100倍のビタミンAを含んでいると言われ、ニキビやシワの治療薬としてアメリカで認可されています。

作用として、肌のターンオーバーを促すことで、肌の細胞分裂の促進や古い角質を剝がしやすくします

また、皮脂の分泌を抑制することで、ニキビにも効果があります。

しかし、ビタミンA(レチノール)誘導体は、胎児の奇形を促すリスクがあるとのことで、妊娠中や授乳中は使用できません。

ハイドロキノン新しいメラニンを作ることを予防するもので、‘’肌の漂白剤‘’と呼ばれています。

ハイドロキノンには、禁忌はありません。

本来は、トレチノインで肌のターンオーバーを促進することでメラニンを排出し、ハイドロキノンで新しいメラニンを作るのを防ぐ方法が効果的です。

しかし、妊娠中や授乳中であれば、ハイドロキノンのみでの治療をすることも可能です。

 

肝斑の治療法には、トラネキサム酸の内服、レーザー治療、トレチノインとハイドロキノンを挙げました。

トラネキサム酸の内服とレーザー治療は、専門の病院に受診し、医師に診てもらう必要があります。

しかし、次にお伝えしますが、ハイドロキノンは配合量によって、市販の化粧品で販売されています。

 

自宅でできる、肝斑を薄くする方法

 

肝斑が気になる30~40代といえば、子育てや家事・仕事などでまだまだ忙しい年代かと思います。

早く治したいと思ってはいても、病院を受診する時間がない。

病院を受診してもレーザー治療をする時間がないなんてしばしばあると思います。

 

しかし、ハイドロキノンは、4%以上になると、病院で医師の処方が必要となりますが、2%までは国から認可されており、ハイドロキノンが配合された市販の化粧品も販売されています。

 

また、ハイドロキノンの安全性も認められており、自宅で肝斑を薄くする化粧品があるとすると、使ってみたくありませんか。

 

次に、肝斑を薄くする化粧品をご紹介します。

 

新安定型ハイドロキノン配合のアンプルール化粧品

 

アンプルール化粧品は、日本で初めて化粧品にハイドロキノンを安定配合しました。

 

従来のハイドロキノンは、酸素や、光、温度の影響を受け酸化しやすいという弱点がありました。

しかし、アンプルール化粧品は、従来の使いにくかったハイドロキノンの弱点を克服し、肌への浸透性を高め、刺激を抑えたたものとなっています。

アンプルールに問い合わせをしたところ、妊娠中や授乳中の化粧品の使用も問題ないとの回答を得ています。

しかし、妊娠中や授乳中はホルモンバランスの崩れにより、肌の状態が不安定になりやすいため、使用前にパッチテストを行うように、すすめています。

以下にアンプルールのサイトを添付しておきますので、ぜひご覧になってみてください。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2C2JK2+19UECY+1G7Q+6MROI

 

最後に

 

 

肝斑やシミができたことで、隠すためにいつもよりも厚化粧をすることになり、気持ち的にも「人に見られたくない」と暗くなりますよね。

肝斑をどのように治したらよいのか、治療の選択肢はいくつかあります。

しかし、なかなか、時間を作れず受診まで行きつけないないのなら、アンプルールは化粧品なので、自宅で簡単にできます。

また、初回限定税込み1500円で、お一人一点限りで販売しております。

もしお肌に合わないなどありましたら、安心の30日間返金保証もあります。

手頃な値段で、トライアルを試してみて、肝斑に効果があるのか、みてもよいのではないでしょうか。

-スキンケア

Copyright© 幸せに生きるためのスピリチュアル | 美容 | 占い | 世界 | 恋愛 | 大天地 神姫のブログ , 2021 All Rights Reserved.