その他 スピリチュアル

タイタニック引き上げられない理由を暴露!!タイタニック引き上げ品は?

タイタニック号は、1912年4月15日未明にニューヨークへと向かう初めての出港中だったのですが、

ニューファンドランド島の約650kmの場所の氷山に衝突し、沈没しました。

この衝突事故により1517人もの人が亡くなったのです。

タイタニック号はおよそ3600メートル以上の深さに沈んでいるとされています。

沈没してからタイタニック号が発見されたのは1985年9月1日のことです。

発見されたタイタニック号ですが、引き上げられない理由はなぜか?

タイタニック号に眠っていた引き上げ品の数々はその後どうなったのか?について迫ってみたいと思います。

タイタニック号が引き上げられない理由を暴露する!!

タイタニック号が沈没してから70年以上もの間そのまま海底に眠っていたわけですが、

なぜタイタニック号が引き上げられないのか理由を暴露します!

実はこれまでタイタニック号を引き上げようとした活動は何度もあったのですが、長い年月3600メートルもの

海底に沈んでいたため、著しく船体の腐食、損傷が進み、タイタニック号を引き上げようとすると船体が崩れてしまい

タイタニック号の元の型を維持できなくなってしまうのです。

だから、船の中で沈んで原型をかろうじて保っている状態を維持した方が、無理に引き上げてタイタニック号を崩して

しまうよりもそのまま海の中で眠らせておく方がいいと判断されたのです。

3600メートル以上もの深さの海底に沈んでいると技術面・費用面での問題もあり現代の技術では引き上げる技術もないのです。

さらに、タイタニック号の中にあった貴重な遺品を船を引き上げた後に勝手に売却する人間が多くいたこともあり、

そういった被害を防ぐ目的もあり、タイタニックをユネスコが海底の文化遺産保護の協定の対象にしたのです。

結果として、タイタニック号は引き上げること(サルベージ)が規制されることとなったため、今後は引き上げることはないと言えます。

タイタニック号の引き上げ品はどうなったのか?

2012年はタイタニック号が沈没してからちょうど100年でしたが、タイタニック号が沈んでいる北太平洋の海底から

引き上げられていた遺品の数々がオークションにかけられました。

オークションはニューヨークで実施されてオークションに出品されたのは17トンにもなる船体の一部や

特別室の乗客用の陶器、おもちゃ、キセル、ひげそり用品、エドワードスミス船長が制服につけていた

真ちゅうボタンなどの約5000点です。

タイタニック号の引き上げ品のオークションは歴史的なものとなり、落札総額は146億円(1億8900万ドル)に上りました。

まとめ

タイタニック号は海底に眠っていて現在は金属を食べるバクテリアにより船体は2030年までにはすべて消滅する可能性があるのです。

タイタニックは海の中でたくさんの海の生き物の住み家となり、ゆっくりと流れていく時間とともに自然と海が船を腐食させていき、

自然の一部へと還っていくのでしょう。

-その他, スピリチュアル

Copyright© 幸せに生きるためのスピリチュアル | 世界| 恋愛 | 大天地 神也のブログ , 2021 All Rights Reserved.