スピリチュアル

守護霊が見える人になる方法と守護霊のメッセージの受け取り方

皆さんは守護霊って知ってますか?

守護霊とはいつも自分を守ってくれる霊と言ってますね。

それは間違いないんですけれども、一説に過ぎないので信じるか信じないかはあなた次第ですがお話します。

守護霊とは人などを守ろうとする意志を持った霊的な存在と言われております。

守護霊って何なんだっていう話をすると守護霊かしたら人って何なんだよっていうのと一緒で人は生きることが修行でございます。

人=生きることが修行

守護霊は守護することが修行でございます。

守護霊=守護することが修行

霊界に帰る前に人について人を守護する。

そこで修行をして霊界に帰るというのが守護霊の務めだと言われております。

人は頼むことが多くても感謝することは少ないと思います。

そして感謝をすれば守護霊の方達が近づいてくるというのが、一説によります。

守護霊が見える人になる方法

あくまで一説なのですが、どうやって守護霊を見るかを説明いたします。

まず、できるだけ使い慣れた階段をイメージしてください。

家であったり学校の階段であったり、なじみがあれば何でもいいです。

細かな部分までイメージできれば効果的らしいです。

階段のちょっとした手すりとか汚れとか細かくイメージしてください。

そして、想像の中で階段をゆっくり上に上がり上に上がったらゆっくり降ります。

それを一往復とし10回繰り返します。

10回目に階段を降りてきた時にそのまま待機し、そのままゆっくり後ろに振り返ります。

その時に階段の上に守護霊がいるそうです。

そしてここの注意点としては守護霊を見ても目を開けてはいけないそうです。

それでは早速やっていきましょう。

「集中して階段の上り下りを想像します。」

何かすごい雰囲気は感じられたのではないでしょうか?

なかなかすごい変な感じするんですよね。

1往復目と10往復目はが雰囲気というか気配が全然違いますね。

雰囲気や気配が全く違いました。

何かいるなという雰囲気は感じたのではないでしょうか?

胸騒ぎとか嫌な予感がするとか誰かに見られてる何かを感じるというのは守護霊のメッセージでもあると言われております。

守護霊のメッセージの受け取り方

その守護霊と会話ができるという都市伝説がございます。

守護霊と直接的に会話することは不可能だと言われています。

ではどうやって会話するのか否かは、インスピレーションという言葉を知ってると思いますが、直感のようにその場に降りてくるんですね。

その直感による言葉というのはどこから来ているんですかって話になるんですけれども、これが守護霊のメッセージだと言われております。

メッセージを聞くんではなくて、書くのです。

紙とペンを用意してください。

どうするかと言いますと守護霊の立場になってメッセージを書くのです

あなたは素晴らしい。

あなたはよくやっている。

自分を褒め称えるというのが大事なのです。

もしインスピレーションが落ちてこない場合はとにかく書き続けます。

何が何でも書き続きます。

そして後から見直します。

後から見直した時に、「あれ?これ自分で思ってない事だなと感じたらそれがメッセージらしいです。」

それが守護霊の方が送ったメッセージだと言われています。

それでは実際にやってみましょう。

最初に自分の立場の文を書きます。

その下から守護霊の立場になって書いていきます。

「守護霊様、今まで見守ってくれてありがとうございます。

私にメッセージがあれば教えてください。」

「君はよく頑張っているよ。」

「いつまでも守ってあげるよ。」

「体には気をつけて」

「たまには休みなさい。」

「もっと感謝しなさい。」

「ありがとう。」

「君は素晴らしい。」

「安心しなさい。」

「もっと明るく」

「楽しく」

「君は素晴らしい」

「声をかけてくれてありがとう」

「成長している」

「恐れてはいけない」

ほとんどが励ます言葉なんです。

言葉を見てたら恐れてはいけない

何に恐れてる?私は何に恐れている?と感じます。

あれ?と思う言葉が何かありましたか?

それが守護霊からのメッセージなのです。

一人で行っている時にインスピレーションは来るかもしれないですね。

まとめ

守護霊は悪い霊ではございません。

日々感謝することが大事だと思います。

私たちはいつか肉体を離れ、全てを受け入れる時が来たら霊界に帰るその途中で新しい修行が与えられるかもしれません。

後々そういうことになるかもしれません。

⇒私が使っている占いサイト

 

 

-スピリチュアル

Copyright© 幸せに生きるためのスピリチュアル | アロエベラと健康 | 恋愛 | 大天地 神也のブログ , 2020 All Rights Reserved.